補正下着の着用とその他にしていることについて

補正下着の着用とその他にしていることについて

20代後半から、友達の勧めで補正下着を購入して、着用しています。
これを付けたことにより、バストアップヒップアップしてスタイルが良く見えて、身体のラインがわかる服を着れるようになりました。
そのことにより、恋愛にも積極的になれて、見事恋人も見つかり、結婚しました。

 

2年前に子どもを出産して、妊娠中に増えた体重が、産後もなかなか減らない状態でした。
妊娠中は補正下着をつけられなかったのですが、産後にまた着用を始めました。
初めはワンサイズ上からつけて、続けていくうちに、肉がどんどんと元に戻っていきました。
現在では、妊娠前のサイズに戻って、スタイルも良くなりました。

 

基本は寝る前以外はつけるようにして、下半身のお肉はヒップに、上半身のお肉はバストに、流し込むようにしています。久しぶりに会う友達には、「妊娠前より痩せた?」とも聞かれるようになりました。

 

その他には、顔にお肉がつきやすいので、毎日顔のお肉を上に持ち上げるようにして、マッサージをしています。口角をあげるようにして生活し、口をあいうえおに動かす体操を欠かさないようにしています。

 

また健康に気をつけた食事をしています。なるべく和食で野菜たっぷりの食事をして、スナック菓子やジュースなどは、あまり口にしないようにします。健康に良い物を摂ることで、身体の中から綺麗になっていけるかなと考えています。

 

美容法を続けていくことで、自分なりの綺麗さを保てるように努力していきたいです。

 

30代 Y.I.さんより

おしゃれをするのが楽しくなりました。

小学生の頃から制服から出ている腕や脚の毛が気になっていました。

 

決定的に自分が毛深いことを気にし始めたのはプールの時間の友達の「背中の毛渦巻いてるよー」という一言でした、さすがに背中までは気にしていなかったのでショックでした。

 

以来、私は夏でも露出の少ない服を選び、友達同士の付き合いでプールに出かける時は母に手伝ってもらい1時間位かけてかけて腕や足、背中の毛を剃っていました。ですが、大人も大人、30歳を過ぎた頃、それまで高くて手が出せなかった脱毛サロンの価格帯が一気にリーズナブルになり、その中でも比較的職場に近く会社帰りに立ち寄れる「ルイーズ銀座」というサロンを選びました。

 

こちらは1回の施術に対しての料金制なので、「もったいないからあと何回行かなきゃ」という気持ちにさせないですし、好きな時に気軽に行けるのでその時のお財布の状況とも相談して部位も選べるし、スッタフもとても感じがよくて気に入ってます。

 

また、ポイントカードは無期限なので、1年以上空いてもポイントが使えてとても良心的です。内装も清潔感があり、白い壁に茶色のタオルといったアジアテーストで居心地がよくリラックス出来ます。新規のお客様キャンペーンもやってるみたいなので、脱毛サロンはじめての方にはお勧めです。

 

 

あとしつこい勧誘とか一切ないので安心です。